かつてない危機に直面する世界の音楽コミュニティを支援する「新型コロナウイルス感染症に対する音楽救済プログラム」

大きな危機に直面している時、私たちは音楽によって救われることがあります。けれども今は、音楽業界の何千人ものクリエイティブなプロフェッショナルたちが私たちの助けを必要としているのです。

アーティストは、現在もストリーミングによってファンと繋がることができますが、この危機で他の多くの収益源が途絶えています。アーティストやクリエイターのコミュニティを支援するという役割を果たすために、Spotifyはクリエイターに経済的支援を行う世界中の団体と協力し、また支援パートナーを広げています。

COVID-19に対するSpotifyの音楽救済プロジェクトは、下記に掲載されている団体をはじめ、最も支援を必要としている人々を対象に活動を行なっている団体の取り組みを後押しするために誕生しました。Spotifyはこれらの団体に対し、このページで寄せられた寄付額と同額を総額1,000万ドルになるまで寄付しました。このプロジェクトの目標寄付額であるは達成しましたが、次のリンクからご支援を続けることができます。

参加団体

免責事項

Spotifyは寄付額の目標を達成したため、音楽救済プロジェクトを通じた寄付金と同額の寄付を終了しますが、このウェブページに掲載されている非営利団体(以下「団体」)への寄付は引き続き可能です。あなたが行うすべての寄付は、団体のウェブサイト利用規約によって管理されます。Spotifyは、あなたが行う寄付に関連するいかなる文書も提供しません。これらは、該当する場合、団体によって直接提供されます。サポートしたい団体のロゴをクリックすると、寄付を行うための第三者のウェブサイトに転送されます。第三者のウェブサイトで行われたいかなる活動は、その第三者の契約条件およびプライバシーポリシーに準拠するものとします。